男女での恋愛価値観の違い

恋人

まず、付き合う人の重視する要素です。
男性が重視している順に書くと、顔が可愛い、優しい人、身長が自分より小さい、笑うと魅力的な人、明るい人、話していると楽しい人のようです。顔が1番なんですね・・

女性が重視している順に書くと、背が高い人、優しい人、思いやりがある、スポーツ出来る人、価値観が同じ人、顔がかっこいいです。
女性は男性と違って顔が1番最後ですね!そして、2番目に重視していることは、女性と男性共に、優しい人ですね。

そして男性は、全女性の2割程度が恋愛対象にならなくて、女性は、全男性の2割程度が恋愛対象になるようです。真逆ですよね・・・

他にも女性は第一印象が悪い相手でも、後々恋愛対象に変わる人もいますが、男性は第一印象が悪い人とは、絶対に恋愛対象にはならないようです。女性は相手も長い目で見れますが、男性は失礼な言い方ですが、その日の晩のことしか考えていないようです。男性の全員ではないと思いますが!

デートに関してですが、
女性は、デートなど長い時間一緒にいると、帰るのが切なくなったりしますが、男性は、そうではないようです。
ですが、仕事などで会えない日が続くと男性は、すごく会いたくなり、女性は会わない日が長いほど、会わなくてもよくなるそうです。デート時とは、真逆になりますね。

男性は、恋人との距離があるのが耐えられないんだとか、女性は逆に、「もういいかな」と思うようです。女性は、ドライなんですね。

次に、異性にされると弱いことは、女性は頭を撫でられることで、男性は腕をぎゅっとせれるのに弱いそうです。男性は、女性が落ち込んでいる時に優しく頭を撫でてあげると女性は、嬉しいです。逆に、女性は気になる人などに、不意にやってみるといいかもしれませんね。男性の顔を見ればどう思っているかわかるはずです。ですが好きでもない人にすると、勘違いされるのでやめましょう。

そして、恋愛をパソコンで例えると、男性は、名前を付けて保存で過去の恋愛を個別に考えているのに対して、女性は、上書き保存で過去の恋愛を忘れるそうです。

他に違うところは、いくつかあげていきます。
1、男性は熱しやすくて冷めやすいが、女性は熱しにくくて冷めにくい
2、1つのことに熱中するのが男性で、ながら作業をするのが女性
3、恋愛を行動にするのが男性で、言葉にするのが女性
具体的に、説明すると・・・
1、男性は、熱しやすくて冷めやすいですが、女性は、熱しにくくて冷めにくいです。
男性は、すぐ恋愛感情がピークになり燃え上がるそうで、女性のアリ・ナシを瞬時に判断して、アリであればその日にベッドで一緒に過ごそうと思うようです。
男性は、その女性となるためには、どんな褒め言葉も言えるし嘘も付けるようです。付き合ってすぐに、性行為をしようとします。そう考えると、男性って怖いですね・・・

女性は、初対面だと一目ぼれをしない限り、その異性に関心をあまり持たないようです。
女性の恋愛感情は、時間をかけて育て、長く付き合うと、男性以上に燃え上がるそうです。
女性は、1度性行為をすると、その人に対して情が湧くのか極端にハマってしまうようです。

2、男性は、集中しているときに話しかけられたりすると、機嫌が悪くなったりします。男性は1つのことしか集中できないようです。

女性は、複数の作業を同時進行できます。なので、男性の行動をなかなか理解してあげられません。

3、男性は、言葉にすることが苦手で、「好き」と言ったりすることが、少ないですが、行動で表すようです。

女性は、言葉で表すので、「好き」などを何度も発します。
女性からしたら、男性に言葉にしてほしいのですが、男性は苦手なようなので、少し理解してあげるといいかもしれません。好きじゃないから言わない訳ではありません。

嗅覚の違いですと、男性には嗅覚がないようですが、女性は、相手の匂いに落ちつきを感じたり、その匂いが好きや、その人の残り香を察知できます。ですので、男性が他の女性の匂いを付けて帰ってくるとすぐわかるようです。女性は、本能的に男性の匂いをかぎ分けることが出来るようです。そう考えてみると、好きな臭いってありますよね。

ここまで違うと全て理解するのは難しいので、少しでも相手のことをわかってあげると少しは変わるかもしれません。