恋愛依存症

恋愛依存症に陥っている人の特徴は、自分に自信がない・人に指摘されると落ち込む・好きな人が出来ると猛烈に連絡を求める・恋愛を美化している。

心の中に穴が開いている感じ、一緒にいないとすごく寂しい、会えないと不安になるなんてことありませんか?それが恋愛依存なんだそうです。

恋愛において、「誰かが自分の心の穴を埋めてくれる」や「愛されれば心の隙間が埋まって幸せ」と思い込んでいるんだとか・・・

「自分が恋愛依存症かも」と思う人は、こんなことありませんか?
1日中相手のことで、頭がいっぱいになる。常に自分を見ていてほしい、相手に尽くしすぎる。自分の幸せより相手の幸せが優先。

少し問題があるような人を選んでしまうことが多い、アルコール依存、金銭面に難がある人、性格で問題がある人、救いがいがある人を選んでします。感度な束縛をしていることに気付かない。

寂しさを紛らわすために、付き合っている。相手の気持ちが離れないように、どんなことでもする。なんでも我慢する。

何度裏切られても、結局別れられない。DVされても、耐えてしまう。守ってほしい。気持ちを察してほしい。

友達より彼を優先する。友達に「別れた方がいい」と言われても、聞き入れない。
恋人がいない期間がない。
これは、全て恋愛依存症になるようです。
自分を愛せない人、自分に存在価値があると思えない人が依存症になりやすいようです。

相手もあなたに依存していれば、共依存で成り立ちますが、そうでないとうまくいかず、別れてしまいます。多くは、うまくいかず相手が重荷に感じてしまい別れを迎えます。

共依存であっても、お互いに何かを求めているだけなので、愛し合っているわけだはないようです。
愛情は、与えるものなのであって求めるものじゃないのです。愛情が欲しがるから、心が動き回ってしまい心が休まりません。

共依存とは、子供のころにトラウマがある人、育ってきた家庭内に問題があった人に起こりやすいようです。

依存している人は、愛情を求めることが目的になり、やがてその人なしでは生きていけないと思うようになります。
ですが、共依存でなければ、依存心が強ければ強いほど、相手が離れて行ってしますのです。そのことから、連絡が減ると、あなたは、不安になってしますのです。

恋愛依存症から抜け出し幸せになるためには、自分が恋愛依存症だということを認めたなら、変わるチャンスです。
相手に求めない、束縛をしすぎないことです。依存していることで、その恋愛が辛くても好きだからと諦めないで受け止める。
そして、同じような恋愛を繰り返さないことを決意することが大切です。
「私があの人を変えてあげよう」と相手を変えようとするのではなく、自分が変わりましょう。
世の中ストレスなく生きていくためには、許すことが大切です。許しことで、ストレスから解放されるようです。自分を許すことは難しいですが、まずは、自分を許すことから始めましょう。

自分の気に入らなに所は、誰にでもありますよね?
自分の性格が嫌、顔が嫌、と言う人もいますよね。でもそれを受け止めらければ進みません。
自分と向き合いましょう!人間は、不完全な物なので、認めてあげることで、道が見えてきます。少しずつでいいです。少しでも自分を愛してあげましょう。